bokunolog

こころとからだ、私の全部的な、新婚のサラリーマンが気になっていることを綴る奮闘雑食系ブログ

入場料100円!!押上デートで『たばこと塩の博物館』に行ってきました

f:id:bokunolog:20171009223119j:plain

こんばんは。

押上でデートと言えば、ソラマチ!でもその後どうしようかな〜なんていうのは世の男性の共通の思い!と勝手に思っております。←

 

私も奥さんとよく押上(ソラマチ)に行っているのですが、まぁなかなかソラマチの外に出ることもなくて少々マンネリ気味になってきました。

 

猫で有名な今戸神社なんてのもありますが、今回は「たばこと塩の博物館」に行ってきましたので紹介します。

ソラマチから徒歩15分の好立地

ソラマチからは徒歩15分程でしょうか。道も比較的に覚えやすい1本道です。

事前にしっかり把握して彼女(奥さん)をエスコートしてあげましょう!

 

②入場料100円!圧倒的コストパフォーマンス

100円の割になんて言ったら悪いんですが、建物も新しいですし、トイレなんかソラマチより綺麗だし、展示の内容も実際に岩塩に触れたり、あるいは先端の技術が使われていたりと工夫されています。

美術館とか博物館の中には、ただただ陳列して終わり、なんてものもあったりしますが、工夫をして展示しているところは、やはり飽きずに見ることができます。

 

③じっくり回って1時間程の調度良いボリューム感

2Fが塩についての展示(+特別展)3Fがたばこについての展示になっていて、

じっくり回って1時間程度でしょうか。

ソラマチデートと組み合わせるには調度良いボリューム感だとおもいます。

 

・雑感

ってな感じで「たばこと塩の博物館」なかなか楽しめることができました。

特に「塩」については私たちの食卓にある塩(食用)よりも、殺菌等に使われている産業用の方が消費量が多かったり、海水からの産出量より、岩塩からの産出量の方が多かったりと、なかなか意外な点が勉強になりました。

 

あと、海水をただただ煮詰めて塩を作るというイメージでいたんですが、それだとエネルギーの無駄だということを昔の人がちゃんと気づいていて、

煮詰める工程の前に「濃い塩水を作る」っていう工程をちゃんと入れているんですよね。うん、なかなか凄いなと思いました。

 

ちなみに押上の近くにはセイコーの時計博物館もあるそうで、そっちも気になるところです。

それでは、また。