bokunolog

こころとからだ、私の全部的な、新婚のサラリーマンが気になっていることを綴る奮闘雑食系ブログ

怖い絵展がすごい行列だったので、僕はそっと諦めた

f:id:bokunolog:20171016125814j:plain

もくじ

①怖い絵展とは

②混雑具合

③おわりに

 ①怖い絵展とは

作家・ドイツ文学者の中野京子さんが出版した『怖い絵』という本を基にした展示。

著者が「絵は感じるよりも知った方が面白い」と語っている通り、時代背景や隠された物語を学びながら、「恐怖(=怖い絵)」をテーマに約80点の西洋絵画・版画を見ることができます。

 

これは、美術館に行くと絵より解説を読んでる時間が長い私にピッタリ!!

しかも嫁さんんも興味を持ってたので、先週の日曜日にさっそく上野まで出かけてきまいした。

 

②混雑具合

私が行ったのが、日曜日のお昼でしたが、遠くの方からでも分かるぐらいの行列が・・・看板を見ると、チケット購入20分、入場30分と書いてあります。

・・・でも行列の様子を見るに30分で本当に入れる?という感じ。

ネットの情報によると、結局その後入場まで1時間待ちになったそう。

 

ちなみにチケットはわざわざ行列に並ばなくても、街の金券ショップで入手可能です。

少し安く買えたりもするので、行かれる予定の方は事前に購入してから行きましょう!

 

③おわりに

と、いうわけで私はあまりの行列に諦めて、中には入れませんでした。

まだ展覧開始(10/7~)したばかりだし、もう少し日が経てば行列も収まりますよね?

・・・というか、収まることを祈っています!

 

とっても面白そうな怖い絵展ですが、これ以上の行列が怖い!絵展でした。

また後日、リベンジしてきます!それでは、また。