bokunolog

こころとからだ、私の全部的な、新婚のサラリーマンが気になっていることを綴る奮闘雑食系ブログ

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』を見てきました


夢の舞台へ突き進め!映画『フェリシーと夢のトウシューズ』予告編

 

日本全国1,000万人の映画ファンの皆様、こんにちは。

2週間ほど前になるのですが、標記の映画も見てきましたので、
簡単に感想などを書いてみようと思います。

  ・あらすじ


ある日主人公のフェリシーはヴィクターという男の子と施設を抜け出して、
憧れの街パリに行き、そこでバレリーナを目指すという物語。

主人公のライバルになるのが、踊りは抜群に上手いけれども、
厳しい母による指導で「心」に問題があり、バレリーナとしての表現力には欠けるカミーユ

そんなライバルに対して、フェリシーは技術力は無いものの、
バレエを愛する心と、パリに来てからの厳しい練習でたち向かっていきます。


・最後まで飽きさせません


パリにはアメリカに運ばれる前の「自由の女神」があったり、街の描写はなかなか現実的、でもその中に描かれる人物の動きや物語はかなりアニメ的です。

終始、逃走劇、バレエ、恋愛、といった要素を絡めながら、
見るものを飽きさせずに、ラスト(カミーユとフェリシーのライバル対決)まで描かれます。


・例えるなら女版ロッキー?女性こそ感動できる映画なのかもしれない


この映画、両親と妻と私と、全員が見たのですが、私より母親と妻が感動をしていました。
また途中ではたまたま同じ劇場で見ていた小さな女の子が主人公に感情移入して泣き出す場面もありました。

そう考えると、女性の感性に強く訴えるものがあるんでしょうね。
生まれながらの境遇に負けずに、努力で自分の夢を掴み取る。
例えるならば女版ロッキーのような映画だと、思いました。

それでは、また。